パソコン操作の高速化はまずこれから アプリケーションの起動を高速化するランチャー

2020年1月23日

ボタン式

Claunch (Windows)

たぶん日本でいちばん使っている人が多い(?)ボタン式のランチャー。「クランチ」と読みます。デザインは配布されているスキンで変更できます。
Ver3.28からUWPアプリに対応。

公式サイト  Vector

last update: 2019

MaxLauncher (Windows)

Claunchに似たインターフェイスのランチャー。
ボタンの配置がキーボードを模したものになっているので、キーボードショートカットを登録しなくてもすべてキーボードで操作することができます。
数字キーの行はタブになっていてページの切り替えができます。

公式サイト

last update: 2019

Orchis (Windows)

公式サイト Vector

last update: 2018

コマンドライン式

MacのAlfredのような文字入力式のランチャー。

Alfred

海外産のものがほとんどで、日本語環境で使っているせいか、あるはずのアプリケーションが出てこないものもあります。
(hain、Zazu、Keypirinha、Woxは自分の環境ではそうなりました)

Alfred (Mac)

Mac用の代表的なランチャー。
無償版でも高機能ですが、さらに機能を付加するPowerpackは有償で、Single User Licenseが£25、Mega Supporter Licenseは£45(Lifetime)。

公式サイト

Listary(Windows)

Windows用コマンドライン式のランチャーでひとつ選べと言われたらこれ。
デスクトップやマイコンピューターの上で文字を入力するとそのまま検索が始まるという手間いらず&多機能なランチャー。

Chameleon Folderみたいに開く/保存のダイアログでお気に入りに登録したフォルダーに飛べるのでこれも便利。

フリー版は個人利用のみ。Pro版(Lifetime License)は$19.95 – 3台まで。日本語OK。

Vector 公式サイト 使い方

last update: 2018

Keypirinha (Windows)

設定はiniファイルを編集。

公式サイト download(github) 使い方

last update: 2019

Wox (Windows)

設定はGUIで日本語化もOK。

download(github)

last update: 2018

ueli (Windows Mac)

Electron製ランチャー。設定はGUI。

公式サイト Github

last update: 2019

hain (Windows)

Electron製ランチャー。設定はGUI。

公式サイト download(github)

last update: 2017

Launchy (Windows Mac Linux)

公式サイト

last update: 2010

Pipy (Windows)

公式サイト

last update: 2012

Executor (Windows)

2007年のベータ版から12年、2019年7月にV1.0.0(正式版?)がリリース。

公式サイト

last update: 2019

Find and Run Robot (Windows)

英語のみ。Breakキーでランチャーが起動。BreakキーのないThinkpadはFn+Pで起動しました。ホットキーを変更する設定が見あたらず。

公式サイト

last update: 2019

Keybreeze (Windows)

公式サイト

last update: 2017

Aqulina (Windows)

Vector

last update: 2014

Zazu (Windows Mac Linux)

Electron製ランチャー。設定はjsonファイルを編集。

公式サイト download(github)

last update:2017

Cerebro (Windows Mac Linux)

Electron製ランチャー。設定はGUI。

公式サイト download(github)

last update: 2017

[PR] パソコン操作をもっと速く楽にするため小ネタ満載
¥500(Kindle Unlimitedは無料)

この記事は参考になりましたか?

星をクリックして評価してください!

評価の平均 0 / 5. 評価の数 0

まだ投票はありません! この投稿を最初に評価してください。

Ads