Opera Vivaldi プロファイルを作成・追加する方法

Web Browser

Operaのプロファイルを複製し、別プロファイルで起動する方法です。
説明と画像はOperaですがVivaldiもほぼ同じです。

1.プロファイルフォルダーを複製し、任意のフォルダ名に書き換える

1.プロファイルフォルダーのパスを確認

プロファイルフォルダーのパス(場所)を「メニュー → Operaについて」で確認します。



 

アドレスバーに  opera://about/    vivaldi://about と入力してもこの画面を開くことができます

2.フォルダーを複製

フォルダーが見つかったらフォルダーごと複製します。

フォルダーを選択してCtrlC → CtrlV 

または

フォルダーを選択してCtrlを押したままドラッグ

3.任意の名前に変更

任意の名前に変更します。

※この方法だと、設定や拡張機能を含めてまるごとプロファイルをコピーします。
用途別に複数のプロファイルを作る場合は、基本となるプロファイルをひとつ作っておいてコピーすればプロファイルごとに同じ環境を再構築する手間を省けます。
新規でプロファイルを作る場合はコピーせず空のフォルダーを作ってください。

 

2.起動オプションつけて起動

起動オプションを「--user-data-dir="プロファイルのフルパス"」として起動します。

例:Opera

--user-data-dir="C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Opera Software\プロファイル名"

 

※スタートメニューや「CLaunch」などのランチャーに起動オプションをつけて登録しておくと起動が簡単です。

(登録方法はこちらに記載 ↓)

Firefox プロファイルを作成・追加する方法
1.Firefoxを-pオプション付きで起動する ファイル名を指名して実行 Win+R → firefox.exe -p と入力して実行 ※ファイルが見つからないとエラーが出る場合はフルパスを入力 例: C:\Program...

例:Vivaldi

Vivaldiも同様の方法で複数のプロファイルを使用できます。

--user-data-dir="C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Vivaldi\User Data\プロファイル名"

 

コメント