ファイル / フォルダーの管理を便利にするファイラー系アプリ (ファイル管理 / ファイル名変更 / 比較 / ユーティリティ)

2020年1月5日

ファイラー

As/R

多機能だけれどダウンロードするとカスペルスキーにウィルス検出といわれて削除されてしまう。インストールしようとするとWindowsに断られる。ということで以前インストールしたものがバージョンアップできず、結果ほとんど使用していないのでレビューできず。今後もインストールできるか定期的にトライしてみます。

Vector

 

FreeCommander

ドイツ製? 寄付をすると64bit版やプレリリース版が使える。
フォルダーの内容比較機能や、フォルダーの新規作成でフォルダー名に日付を入れられるなど細かい独自機能が豊富。

公式サイト

 

Q-Dir

これも作者がドイツ在住? 4分割が基本?というファイラー。それぞれにフォルダーツリーを表示するなどのカスタマイズが可能。

Vector 公式サイト

 

Tablacus Explorer

アドオンで機能拡張できる、というかするのが前提? のファイラー。アドオンがないとツリービューやお気に入り等もなく、同じような名称のアドオンがいくつかあるとどれを使うのか迷う。
検索やフィルターでMigemoや正規表現が使えます。これができるファイラーって案外ありません。

Vector

 

Unreal Commander

海外製、左右2分割画面のファイラー。公式サイトのサーバーはロシアにあるっぽいけれどどこの国の作者かは不明。
日本語化は有志で行われているようで、Vectorのレビューページにリンクがあります。

Vector

 

秀丸ファイラーClassic

その名の通りWindows XP以前の古いエクスプローラの操作感で扱えるようにしたというファイラー。シェアウェア(1200円+消費税)。

昔の操作感が好きな方にはいいかもしれませんが、フィルターでインクリメンタルサーチができないなど新しいWindowsに慣れている人には使いにくい面も。

公式サイト

 

XYplorer

Standard License Pro $39.95(1年間無料アップグレード)
Lifetime License Pro $79.95(永久アップグレード)

価格は日本円で約9,000円($1=¥110)とちょっと高め。個人利用ではインストールできる台数に制限はありません。

読み方はエックスワイプローラー(X-Y-plorer)またはザイプローラー(Zaiplorer)、ザイ(XY)とのこと。

公式サイト

 

フリー版は開発終了。無料で使えるかわりにお気に入りがフォルダツリーの列に表示できないなど機能制限あり。

XYplorerFree

 

Directory Opus

Directory Opus Light:$49 AUD / 1台+ラップトップ1台
Directory Opus Pro Single:$89 AUD / 1台+ラップトップ1台
Directory Opus Pro Dual:$129 AUD / 2台+ラップトップ1台
メジャーアップデートは有料。
1 AUD = 約75円 (2019年12月)

公式サイト

 

Total Commander

€37。

公式サイト

 

Explorer++

フリー。

公式サイト

 

Multi Commander

フリー。Windows 32bit/64bit、インストーラー版とポータブル版があります。

Multi Commander

 

日本語化されていていますがお気に入りが見当たらない...
Vector 公式サイト

 

ファイル名変更

Flexible Renamer

最終の更新が2011年なのでWindows10でたまに挙動がおかしくなることがありますが、直感的に操作できる使い勝手のよいリネームアプリです。

Vector

 

比較

Filemany

窓の杜

 

WinMerge

窓の杜 公式サイト

 

ユーティリティ

PackAssistant

ファイルをDVDなどの複数枚のメディアへ分けてバックアップする際に、メディアの容量を無駄にしないよう、ファイルサイズをもとに効率よく振り分けるソフト。

窓の杜

 

Quick Access Popup

Folders Popupの後継。
ファイル選択ダイアログでマウスの中ボタンをクリックすると、あらかじめ登録済みのフォルダへジャンプするためのメニューを表示。

公式サイト

 

フォルダの足あと

過去に使用したフォルダーを記録し、開く/保存ダイアログボックスで表示して移動できるようにする。

Vector

 

Chameleon Folder

ファイル選択ダイアログでマウスの中ボタンをクリックすると、あらかじめ登録済みのフォルダへジャンプするためのメニューを表示。
最終の更新が2012年と古く、Windows10では起動するたびにユーザーアカウント制御のダイアログが出てしまう。
他にもCLaunchのショートカットキーが効かなくなったり、常駐アプリが多い環境では使いにくい面も。

Listaryで代替可能ですが、フォルダー移動に関してはChameleon Folderのほうが使いやすい。

Vector

 

FileInfoList

ファイル/フォルダー情報一覧作成。

Vector

 

[PR] パソコン操作をもっと速く楽にするため小ネタ満載
¥500(Kindle Unlimitedは無料)

この記事は参考になりましたか?

星をクリックして評価してください!

評価の平均 0 / 5. 評価の数 0

まだ投票はありません! この投稿を最初に評価してください。

Ads