[Visual Studio Code] & [Git for Windows] インストールと初期設定

PC

Git for Windows

Gitのインストール

Visual Studio CodeはGit使用が前提になっているようで、Gitがインストールされていないと起動時に「Gitが見つかりません」というメッセージが出ます。
Gitとは

Gitはここからダウンロードします。

Git for Windows

 

ダウンロードしたexeファイルをWクリックして実行。

 

インストール先の指定がなければそのまま「Next」をクリック。

 

必要なものにチェックを入れて「Next」をクリックします。
Windows Explorer integration は右クリックメニューに追加。
Use a TrueType font~は日本語環境ではチェックしない方がいいようです。
ここではデフォルトのまま「Next」をクリック。

 

変更がなければそのまま「Next」をクリック。

 

デフォルトのテキストエディターを選択。
プルダウンから Use Visual Studio Code as Git's default editor を選んで「Next」をクリック。

 

Use Git from the Windows Command Prompt を選んで「Next」をクリック。WindowsのコマンドプロンプトからGitを使えるようになります。

 

改行オプション。改行をGitにさせないように Checkout as-is, commit as is を選んで「Next」をクリック。

 

Gitで使用するターミナルエミュレーターの選択。どちらでもいいと思いますがここではデフォルトを選択して「Next」をクリック。

 

Enable file system cachingはキャッシュを有効にするオプション。
Enable Git Credential Manager 二段階認証のパスワード保存などを有効にするオプション。
Enable symbolic links はシンボリックリンクを有効するオプション。
ここではデフォルトのまま「Next」をクリック。

 

これは実験的なオプションなのどちらもチェックは入れず、デフォルトのまま「Install」をクリック。

 

インストール中。

 

インストール終了。

 

コメント