ブラウザーの文字(フォント)が見にくい・細い・汚い・薄い・かすれて見える場合の対処方法(Windows 10)

ブラウザー

ブラウザーの文字が見にくい...

ウェブブラウザーは使用頻度が高いので、見にくい文字のまま長時間使うのは目の負担になります。
下はWindows版GoogleChromeのインストール直後で何もしていない状態ですが、サイトによっては文字が汚い上に小さすぎて読めたものではありません。


(クリックで拡大します)

この記事ではフォントを読みやすくする方法をいくつか解説します。

 

ClearTypeテキストの調整

WindowsXP以降はClearTypeというテキスト調整機能があります。
まずこれを調整します。

1.ClearTypeテキストチューナーを開く

・コントロールパネル > フォント > ClearTypeテキストチューナー
または
WinS(Cortana) > ClearTypeと入力

 

2.画面の指示に従って調整します

 

 

ブラウザーのフォントの変更

Google Chromeの場合

メニュー > 設定 > 検索バーにfontと入力 > フォントをカスタマイズ

 

フォントを指定します。特にこだわりがなければ「メイリオ」でよいと思います。

 

フォントを変更しても文字が細すぎる場合や、サイトによって反映しない場合などはさらに調整します。
Firefoxはabout:configuser.js等でレンダリングを調整する方法があるようですが、私は詳しくないので割愛。興味がある方は検索して調べてみてください。

 

拡張機能の「Stylus」で調整

拡張機能の「Stylus」で調整する方法がいちばん簡単だと思いますので、次回の記事に書きます。

アドオン[Stylus]でWebページのフォント・デザイン変更(Firefox、Chrome、Opera、Vivaldi etc) Part 1
Stylusの使い方 「Stylus」はウェブサイトのデザインを変更するアドオンです。 この記事ではフォントを読みやすく調整するために、インストールと基本的な使い方を説明します。 ダウンロード 各ブラウザーのアドオン配布サイトで...

 

調整前の細い描画の文字 ↓

 

Stylusを使って調整した後 ↓

 
違い ↓

 

アドオン[Stylus]でWebページのフォント・デザイン変更(Firefox、Chrome、Opera、Vivaldi etc) Part 1
Stylusの使い方 「Stylus」はウェブサイトのデザインを変更するアドオンです。 この記事ではフォントを読みやすく調整するために、インストールと基本的な使い方を説明します。 ダウンロード 各ブラウザーのアドオン配布サイトで...
アドオン[Stylus]でWebページのフォント・デザイン変更(Firefox、Chrome、Opera、Vivaldi etc) Part 2
Stylusの使用例 「Stylus」の使用例です。 インストールと基本的な使い方はこちら。 一般的なサイト用 これは私が常用しているもの。 フォントやフォントサイズ等はお好みで変更してください。 body { fon...
アドオン[Stylus]でWebページのフォント・デザイン変更 Part 3 ピンポイントでスタイルを指定する
特定のサイトやページでスタイルを適用させたい場合 特定のサイトやページだけ適用させる場合、ツールバーのアイコンをクリックして「次のスタイルを書く」からURLを指定します。 特定のサイトで文字サイズが小さくなってしまう場合など...

 

 

[PR] パソコン操作をもっと速く楽にするため小ネタ満載 150章/369ページ
¥500(Kindle Unlimitedは無料)

 

コメント